Postfix SPF (rpm)

前にPostfixにSPFを実装した際はCPANでモジュールをずらずらと入れられるのが嫌だったので、RPMで入れてしまえ。と思い立ったメモ。

  • Postfix 2.10.3

まずはモジュールをインストール。

$ sudo apt-get install perl-YAML perl-Mail-SPF

そしてスクリプトを落としてきて、Postfixのライブラリディレクトリに入れる。

$ wget http://cri.univ-tlse1.fr/documentations/spam/outils/spf.pl
$ sudo mv spf.pl /usr/lib64/postfix/smtpd-policy.pl
$ sudo chmod 755 /usr/lib64/postfix/smtpd-policy.pl

スクリプトの所有者を変えておかないと、後でPostfixに怒られる。

sudo chown root:root /usr/lib64/postfix/smtpd-policy.pl

Postfix 2.10.3 Upgarde (source)

Postfix 2.10.3をインストールした時のメモ。

  • Vine Linux 6.2
  • Postfix 2.10.3
  • MySQL 5.1.72
  • Cyrus-SASL 2.1.23

まずはPostfix 2.10.1をインストールした時のメモ。のファイルを使う。
そして2.10.3パッチを落としてきて当てる。

$ cd postfix-2.10-0
$ wget http://mirror.postfix.jp/postfix-release/official/postfix-2.10-patch03.gz
$ zcat postfix-2.10-patch03.gz | patch -p0

それからおまじない。

$ make tidy

そんでもってユーザー管理やエイリアスとかをMySQLにさせるので、makefilesに書き込む。

$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

でmake後、インストール。

$ sudo make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

Postfix 2.10.2 Upgrade (source)

Postfix 2.10.2をインストールした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Postfix 2.10.2
  • MySQL 5.1.68
  • Cyrus-SASL 2.1.23

まずはPostfix 2.10.1をインストールした時のメモ。のファイルを使う。
そして2.10.2パッチを落としてきて当てる。

$ cd postfix-2.10-0
$ wget http://mirror.postfix.jp/postfix-release/official/postfix-2.10-patch02.gz
$ zcat postfix-2.10-patch02.gz | patch -p0

それからおまじない。

$ make tidy

そんでもってユーザー管理やエイリアスとかをMySQLにさせるので、makefilesに書き込む。

$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

でmake後、インストール。

$ sudo make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

Postfix 2.10.1 Upgrade (source)

Postfix 2.10.1をインストールした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Postfix 2.10.1
  • MySQL 5.1.68
  • Cyrus-SASL 2.1.23

まずはPostfixのサイトからtar玉を落としてくる。

$ tar zxvf postfix-2.10.0.tar.gz

で、virtualdomainにするのと同時にVDAにも対応させるので、パッチを落としてくる。

$ wget http://vda.sourceforge.net/VDA/postfix-vda-v13-2.10.0.patch

パッチを当てる。

$ patch -p0 < postfix-vda-v13-2.10.0.patch

バージョンは2.10.1なので、パッチを落としてきて当てる。

$ cd postfix-2.10-0
$ wget http://mirror.postfix.jp/postfix-release/official/postfix-2.10-patch01.gz
$ zcat postfix-2.10-patch01.gz | patch -p0

それからおまじない。

$ make tidy

そんでもってユーザー管理やエイリアスとかをMySQLにさせるので、makefilesに書き込む。

$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

でmake後、インストール。

$ sudo make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

Postfix 2.9.6 Upgrade (source)

Postfix 2.9.6が出てたようなので、2.9.6にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Postfix 2.9.6
  • MySQL 5.1.63
  • Cyrus-SASL 2.1.23

で、Postfix2.9.3にアップグレードしたファイルにpostfixのサイトからパッチを落としてくる。

$ cd ~/postfix-2.9.2
$ wget http://mirror.postfix.jp/postfix-release/official/postfix-2.9-patch06.gz; zcat postfix-2.9-patch06.gz | patch -p0

メイクファイルに書き込み。

$ make tidy
$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

makeしてアップグレードする。

$ make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

Postfix 2.9.5 Upgrade (source)

Postfix 2.9.5が出てたようなので、2.9.5にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Postfix 2.9.5
  • MySQL 5.1.63
  • Cyrus-SASL 2.1.23

で、Postfix2.9.3にアップグレードしたファイルにpostfixのサイトからパッチを落としてくる。

$ cd ~/postfix-2.9.2
$ wget http://mirror.postfix.jp/postfix-release/official/postfix-2.9-patch05.gz; zcat postfix-2.9-patch05.gz | patch -p0

メイクファイルに書き込み。

$ make tidy
$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

makeしてアップグレードする。

$ make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

Postfix 2.9.4 Upgrade (source)

Postfix 2.9.4が出てたようなので、2.9.4にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Postfix 2.9.4
  • MySQL 5.1.63
  • Cyrus-SASL 2.1.23

で、Postfix2.9.3にアップグレードしたファイルにpostfixのサイトからパッチを落としてくる。

$ cd ~/postfix-2.9.2
$ wget http://ring.riken.jp/archives/net/mail/postfix/official/postfix-2.9-patch04.gz; zcat postfix-2.9-patch04.gz | patch -p0

メイクファイルに書き込み。

$ make tidy
$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

makeしてアップグレードする。

$ make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

Postfix 2.9.3 Upgrade (source)

これまた忙しすぎて、知らない間にPostfix 2.9.3が出てたようなので、2.9.3にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.0
  • Postfix 2.9.3
  • MySQL 5.1.56
  • Cyrus-SASL 2.1.23

で、Postfix2.9.2にアップグレードしたファイルにpostfixのサイトからパッチを落としてくる。

$ cd ~/postfix-2.9.2
$ wget http://ring.riken.jp/archives/net/mail/postfix/official/postfix-2.9-patch03.gz; zcat postfix-2.9-patch03.gz | patch -p0

メイクファイルに書き込み。

$ make tidy
$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

makeしてアップグレードする。

$ make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

Postfix 2.9.2 Upgrade (source)

これまた忙しすぎて、知らない間にPostfix 2.9.2が出てたようなので、2.9.2にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.0
  • Postfix 2.9.2
  • MySQL 5.1.56
  • Cyrus-SASL 2.1.23

Postfixのサイトからソースファイルを落としてくる。

$ wget http://ring.riken.jp/archives/net/mail/postfix/official/postfix-2.9.2.tar.gz

VDAパッチを落として当てる。

$ wget http://vda.sourceforge.net/VDA/postfix-vda-2.9.2.patch
$ patch -p0 < postfix-vda-2.9.2.patch
$ cd postfix-2.9.2

メイクファイルに書き込み。

$ make tidy
$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

makeしてアップグレードする。

$ make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

Postfix 2.8.8 Upgrade (source)

Postfix 2.8.8パッチが出たようなので、2.8.8にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.0
  • Postfix 2.8.8
  • MySQL 5.1.56
  • Cyrus-SASL 2.1.23

で、2.8.2にアップグレードした時のファイルに、Postfixのサイトからパッチを落としてあてる。

$ cd ~/postfix-2.8.0
$ wget http://ring.riken.jp/archives/net/mail/postfix/official/postfix-2.8-patch08.gz; zcat postfix-2.8-patch08.gz | patch -p0

メイクファイルに書き込み。

$ make tidy
$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

makeしてアップグレードする。

$ make
$ sudo service postfix stop
$ sudo make upgrade

Postfixを停止中:				[  OK  ]

続く 🙂