Intel e1000e Driver 1.4.4 Update (source)

Intel Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CTのドライバをアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 5.2
  • e1000e 1.4.4

またNICドライバのバージョンが上がってるのでアップデートする事に。
お約束のNICを確認。

# lspci | grep Ether

02:00.0 Ethernet controller: Intel Corporation 82574L Gigabit Network Connection

インターフェイスも調べておく。

# ifconfig -a

eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr  **:**:**:**:**:**
          inet addr:192.168.1.100  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0

そんでインテルのサイトからドライバーを落としてくる。

$ tar zxvf e1000e-1.4.4.tar.gz
$ cd e1000e-1.4.4/src

メイクしてアップグレード。

$ su
# make install

続く 🙂

Intel e1000e Driver 1.3.10a Update (source)

Intel Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CTのドライバをアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 5.2
  • e1000e 1.3.10a

またNICドライバのバージョンが上がってるのでアップデートする事に。
お約束のNICを確認。

# lspci | grep Ether

02:00.0 Ethernet controller: Intel Corporation 82574L Gigabit Network Connection

インターフェイスも調べておく。

# ifconfig -a

eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr  **:**:**:**:**:**
          inet addr:192.168.1.100  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0

そんでインテルのサイトからドライバーを落としてくる。

$ tar zxvf e1000e-1.3.10a.tar.gz
$ cd e1000e-1.3.10a/src

メイクしてアップグレード。

$ su
# make install

続く 🙂

Intel e1000e Driver 1.2.20 Update (source)

Intel Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CTのドライバをアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 5.2
  • e1000e 1.2.10

またNICドライバのバージョンが上がってるのでアップデートする事に。
問題は全くないのですが、暇なのでテストがてらアップグレードする。
お約束のNICを確認。

# lspci | grep Ether

02:00.0 Ethernet controller: Intel Corporation 82574L Gigabit Network Connection

インターフェイスも調べておく。

# ifconfig -a

eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr  **:**:**:**:**:**
          inet addr:192.168.1.100  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0

そんでインテルのサイトからドライバーを落としてくる。

$ tar zxvf e1000e-1.2.20.tar.gz
$ cd e1000e-1.2.20/src

メイクしてアップグレード。

$ su
# make install

続く 🙂

Intel e1000e Driver 1.2.10 Update (source)

Intel Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CTのドライバをアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 5.1
  • e1000e 1.2.10

ちょっと見ない間にNICドライバのバージョンが上がってるので、(する事ないので)またまたアップデートする事に。
お約束のNICを確認。

# lspci | grep Ether

02:00.0 Ethernet controller: Intel Corporation 82574L Gigabit Network Connection

インターフェイスも調べておく。

# ifconfig -a

eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr  **:**:**:**:**:**
          inet addr:192.168.1.100  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0

そんでインテルのサイトからドライバーを落としてくる。

$ tar zxvf e1000e-1.2.10.tar.gz
$ cd e1000e-1.2.10/src

メイクしてアップグレード。

$ su
# make install

続く 🙂

Intel e1000e Driver 1.2.8 Update (source)

Intel Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CTのドライバをアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 5.1
  • e1000e 1.2.8

NICドライバのバージョンが上がってるのでアップデートする事に。
問題は全くないのですが、テストがてらアップグレードする事に。(と言うかド安定してて最近書く記事がない…)
お約束のNICを確認。

# lspci | grep Ether

02:00.0 Ethernet controller: Intel Corporation 82574L Gigabit Network Connection

インターフェイスも調べておく。

# ifconfig -a

eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr  **:**:**:**:**:**
          inet addr:192.168.1.100  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0

そんでインテルのサイトからドライバーを落としてくる。

$ tar zxvf e1000e-1.2.8.tar.gz
$ cd e1000e-1.2.8/src

メイクしてアップグレード。

$ su
# make install

続く 🙂

Intel e1000e Driver 1.1.19 Update (source)

Intel Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CTのドライバをアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 5.0
  • e1000e 1.1.19

またまたドライバのバージョンが上がってるのでアップデートする事に。
問題がないならそのままでよし。なんてったって安定が一番です。
まずは一応NICを確認。

# lspci | grep Ether

02:00.0 Ethernet controller: Intel Corporation 82574L Gigabit Network Connection

念のためにインターフェイスも調べておく。

# ifconfig -a

eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr  **:**:**:**:**:**
          inet addr:192.168.1.100  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0

そんでインテルのサイトからドライバーを落としてくる。

$ tar zxvf e1000e-1.1.19.tar.gz
$ cd e1000e-1.1.19/src

んでメイクしてアップグレード。

$ su
# make install

続く 🙂

Intel e1000e Driver 1.1.2.1a Update (source)

Intel Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CTのドライバをアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 5.0
  • e1000e 1.1.2.1a

ちょっと見ないうちにドライバのバージョンが上がってますね。
と言う事でテストがてらアップデートする事に。基本、問題がないならそのままでよし。なんてったって安定が一番です。
まずは一応NICを確認。

# lspci | grep Ether

02:00.0 Ethernet controller: Intel Corporation 82574L Gigabit Network Connection

念のためにインターフェイスも調べておく。

# ifconfig -a

eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr  **:**:**:**:**:**
          inet addr:192.168.1.100  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0

そんでインテルのサイトからドライバーを落としてくる。

$ tar zxvf e1000e-1.1.2.1a.tar.gz
$ cd e1000e-1.1.2.1a/src

んでメイクしてアップグレード。

$ su
# make install

続く 🙂