Courier-IMAP 4.7.0 Upgrade (rpm)

Courier-IMAPを4.0.3からアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 5.0
  • Courier-Authlib 0.63.0
  • Courier-IMAP 4.7.0
  • MySQL 5.1.44

まずはVine Seedから必要なソースパッケージを落としてくる。

$ wget http://ring.riken.jp/archives/linux/Vine/VineSeed/SRPMS.plus/courier-authlib-0.63.0-1vl6.src.rpm
$ wget http://ring.riken.jp/archives/linux/Vine/VineSeed/SRPMS.plus/courier-imap-4.7.0-1vl6.src.rpm
$ rpm -ivh courier-authlib-0.63.0-1vl6.src.rpm courier-imap-4.7.0-1vl6.src.rpm

まずはCourier-Authlibからビルドする。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ rpmbuild -bb --clean courier-authlib.spec

Courier-Authlibのアップグレードをする前に、Courier-IMAPをアンインストールする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ su
# apt-get remove courier-imap
# rpm -Uvh courier-authlib-0.63.0-1vl5.x86_64.rpm courier-authlib-devel-0.63.0-1vl5.x86_64.rpm courier-authlib-mysql-0.63.0-1vl5.x86_64.rpm

そしてCourier-IMAPのビルド。

# exit
$ cd ~/rpm/SPECS
$ rpmbuild -bb --clean courier-imap.spec

Courier-IMAPのインストール。

$ su
# rpm -ivh courier-imap-4.7.0-1vl5.x86_64.rpm

続く 🙂