Postfix 2.9.4 Upgrade (source)

Postfix 2.9.4が出てたようなので、2.9.4にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Postfix 2.9.4
  • MySQL 5.1.63
  • Cyrus-SASL 2.1.23

で、Postfix2.9.3にアップグレードしたファイルにpostfixのサイトからパッチを落としてくる。

$ cd ~/postfix-2.9.2
$ wget http://ring.riken.jp/archives/net/mail/postfix/official/postfix-2.9-patch04.gz; zcat postfix-2.9-patch04.gz | patch -p0

メイクファイルに書き込み。

$ make tidy
$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

makeしてアップグレードする。

$ make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

PLEXTOR PX-64M3

値段もこなれてきたので、テストサーバのHDDをSSDへ換装。
今までHGSTをずっと使ってきましたが、今回は64Gモデルで評価の高いPLEXTOR PX-64M3にしました。

$ sudo smartctl -i /dev/sda

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Device Model:     PLEXTOR PX-64M3
Serial Number:    P02221100684
LU WWN Device Id: 5 000000 000000000
Firmware Version: 1.03
User Capacity:    64,023,257,088 bytes [64.0 GB]
Sector Size:      512 bytes logical/physical
Device is:        Not in smartctl database [for details use: -P showall]
ATA Version is:   7
ATA Standard is:  ATA/ATAPI-7 T13 1532D revision 4a
Local Time is:    Wed Jun 27 17:15:46 2012 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

PHP 5.3.14 Upgrade (rpm)

またまたPHP 5.3.14がリリースされました。
それでPHPを5.3.14にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.0
  • Apache 2.2.22
  • PHP 5.3.14

まずはソースを落とす。

$ apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.3.14-1vl6.src.rpm

で、バージョンを合わせ、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.3.14-1vl6.x86_64.rpm ...

続く 🙂

Apache 2.2.22 Upgrade (rpm)

あれよという間にvine謹製2.2.22がリリースされました。
そんでApacheを2.2.21からアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.0
  • Apache 2.2.22

いつも通りソースパッケージを落としてくる。

$ apt-get source apache2
$ rpm -ivh apache2-2.2.22-1vl6.src.rpm

で、workerで動かすのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi apache2-vl.spec

...
pushd mpm-worker

そしてビルド。

$ rpmbuild -bb --clean apache2-vl.spec

そんでアップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo service apache2 stop

Apache2 HTTP Serverを停止中:				[  OK  ]

$ sudo rpm -Uvh apache2-2.2.22-1vl6.x86_64.rpm apache2-devel-2.2.22-1vl6.x86_64.rpm...

続く 🙂

Postfix 2.9.3 Upgrade (source)

これまた忙しすぎて、知らない間にPostfix 2.9.3が出てたようなので、2.9.3にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.0
  • Postfix 2.9.3
  • MySQL 5.1.56
  • Cyrus-SASL 2.1.23

で、Postfix2.9.2にアップグレードしたファイルにpostfixのサイトからパッチを落としてくる。

$ cd ~/postfix-2.9.2
$ wget http://ring.riken.jp/archives/net/mail/postfix/official/postfix-2.9-patch03.gz; zcat postfix-2.9-patch03.gz | patch -p0

メイクファイルに書き込み。

$ make tidy
$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

makeしてアップグレードする。

$ make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

PHP 5.3.13 Upgrade (rpm)

アップグレードした翌日にPHP 5.3.13がリリースされました。
ohtanさん、ありがとうございます。
それでPHPを5.3.13にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.0
  • Apache 2.2.21
  • PHP 5.3.13

まずはソースを落とす。

$ apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.3.13-1vl6.src.rpm

で、バージョンを合わせ、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.3.13-1vl6.x86_64.rpm ...

続く 🙂

Postfix 2.9.2 Upgrade (source)

これまた忙しすぎて、知らない間にPostfix 2.9.2が出てたようなので、2.9.2にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.0
  • Postfix 2.9.2
  • MySQL 5.1.56
  • Cyrus-SASL 2.1.23

Postfixのサイトからソースファイルを落としてくる。

$ wget http://ring.riken.jp/archives/net/mail/postfix/official/postfix-2.9.2.tar.gz

VDAパッチを落として当てる。

$ wget http://vda.sourceforge.net/VDA/postfix-vda-2.9.2.patch
$ patch -p0 < postfix-vda-2.9.2.patch
$ cd postfix-2.9.2

メイクファイルに書き込み。

$ make tidy
$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

makeしてアップグレードする。

$ make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

PHP 5.3.12 Upgrade (rpm)

全然忙しくて更新できなかったわけですが、PHP 5.3.12がリリースされてました。
それでPHPを5.3.9から一気にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.0
  • Apache 2.2.21
  • PHP 5.3.12

まずはソースを落とす。

$ apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.3.12-1vl6.src.rpm

で、バージョンを合わせ、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec
./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.3.12-1vl6.x86_64.rpm ...

で、php.iniにmysqlのデフォルトソケットを指定してやる。

$ sudo vi /etc/php5/php.ini
mysql.default_socket = /var/lib/mysql/mysql.sock

続く 🙂

Postfix 2.8.8 Upgrade (source)

Postfix 2.8.8パッチが出たようなので、2.8.8にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.0
  • Postfix 2.8.8
  • MySQL 5.1.56
  • Cyrus-SASL 2.1.23

で、2.8.2にアップグレードした時のファイルに、Postfixのサイトからパッチを落としてあてる。

$ cd ~/postfix-2.8.0
$ wget http://ring.riken.jp/archives/net/mail/postfix/official/postfix-2.8-patch08.gz; zcat postfix-2.8-patch08.gz | patch -p0

メイクファイルに書き込み。

$ make tidy
$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

makeしてアップグレードする。

$ make
$ sudo service postfix stop
$ sudo make upgrade

Postfixを停止中:				[  OK  ]

続く 🙂

PHP 5.3.9 Upgrade (rpm)

バグフィクスPHP 5.3.9がリリースされました。
それでPHPを5.3.8からアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.0
  • Apache 2.2.21
  • PHP 5.3.9

まずはソースを落とす。

$ apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.3.7-2vl6.src.rpm

ソースパッケージを落としてきて、ソースを入れ替える。

$ cd ~/rpm/SOURCES
$ rm php-5.3.8.tar.bz2
$ wget http://jp2.php.net/get/php-5.3.9.tar.bz2/from/jp.php.net/mirror

で、バージョンを合わせ、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

...
Version: 5.3.9
Release: 0%{_dist_release}

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.3.9-0vl6.x86_64.rpm ...

続く 🙂