Postfix 2.10.1 Upgrade (source)

Postfix 2.10.1をインストールした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Postfix 2.10.1
  • MySQL 5.1.68
  • Cyrus-SASL 2.1.23

まずはPostfixのサイトからtar玉を落としてくる。

$ tar zxvf postfix-2.10.0.tar.gz

で、virtualdomainにするのと同時にVDAにも対応させるので、パッチを落としてくる。

$ wget http://vda.sourceforge.net/VDA/postfix-vda-v13-2.10.0.patch

パッチを当てる。

$ patch -p0 < postfix-vda-v13-2.10.0.patch

バージョンは2.10.1なので、パッチを落としてきて当てる。

$ cd postfix-2.10-0
$ wget http://mirror.postfix.jp/postfix-release/official/postfix-2.10-patch01.gz
$ zcat postfix-2.10-patch01.gz | patch -p0

それからおまじない。

$ make tidy

そんでもってユーザー管理やエイリアスとかをMySQLにさせるので、makefilesに書き込む。

$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

でmake後、インストール。

$ sudo make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

Apache 2.2.24 Upgrade (rpm)

2.2.24がリリースされました。
そんでApacheを2.2.23からアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Apache 2.2.24

いつも通りソースパッケージを落としてくる。

$ apt-get source apache2
$ rpm -ivh apache2-2.2.24-1vl6.src.rpm

で、workerで動かすのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi apache2-vl.spec

...
pushd mpm-worker

そしてビルド。

$ rpmbuild -bb --clean apache2-vl.spec

そんでアップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo service apache2 stop

Apache2 HTTP Serverを停止中:				[  OK  ]

$ sudo rpm -Uvh apache2-2.2.24-1vl6.x86_64.rpm apache2-devel-2.2.24-1vl6.x86_64.rpm...

続く 🙂

PHP 5.3.21 Upgrade (rpm)

PHP5.3.21が出ました。
それでPHPを5.3.20にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Apache 2.2.23
  • PHP 5.3.21

まずはソースを落とす。

$ sudo apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.3.21-1vl6.src.rpm

で、バージョンを合わせ、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.3.21-1vl6.x86_64.rpm ...

続く 🙂

Postfix 2.9.6 Upgrade (source)

Postfix 2.9.6が出てたようなので、2.9.6にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Postfix 2.9.6
  • MySQL 5.1.63
  • Cyrus-SASL 2.1.23

で、Postfix2.9.3にアップグレードしたファイルにpostfixのサイトからパッチを落としてくる。

$ cd ~/postfix-2.9.2
$ wget http://mirror.postfix.jp/postfix-release/official/postfix-2.9-patch06.gz; zcat postfix-2.9-patch06.gz | patch -p0

メイクファイルに書き込み。

$ make tidy
$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

makeしてアップグレードする。

$ make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

Postfix 2.9.5 Upgrade (source)

Postfix 2.9.5が出てたようなので、2.9.5にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Postfix 2.9.5
  • MySQL 5.1.63
  • Cyrus-SASL 2.1.23

で、Postfix2.9.3にアップグレードしたファイルにpostfixのサイトからパッチを落としてくる。

$ cd ~/postfix-2.9.2
$ wget http://mirror.postfix.jp/postfix-release/official/postfix-2.9-patch05.gz; zcat postfix-2.9-patch05.gz | patch -p0

メイクファイルに書き込み。

$ make tidy
$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

makeしてアップグレードする。

$ make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

PHP 5.3.20 Upgrade (rpm)

全然忙しくて放っておいて…
なんとPHP5.3.20が出てました。
それでPHPを5.3.20にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Apache 2.2.23
  • PHP 5.3.20

まずはソースを落とす。

$ sudo apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.3.20-1vl6.src.rpm

で、バージョンを合わせ、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.3.20-1vl6.x86_64.rpm ...

続く 🙂

AMD Opteron 3250 HE

見てるとついつい欲しくなる、と言うか買ってしまいました。
相変わらず懐に優しいAMDのCPU、AMD Opteron 3250HEにテストサーバのCPUを換装してみた。

$ sudo cat /proc/cpuinfo

processor       : 0
vendor_id       : AuthenticAMD
cpu family      : 21
model           : 1
model name      : AMD Opteron(tm) Processor 3250 HE
stepping        : 2
cpu MHz         : 1200.000
cache size      : 2048 KB
physical id     : 0
siblings        : 4
core id         : 0
cpu cores       : 2
apicid          : 16
initial apicid  : 0
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 13
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx mmxext fxsr_opt pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl nonstop_tsc extd_apicid aperfmperf pni pclmulqdq monitor ssse3 cx16 sse4_1 sse4_2 popcnt aes xsave avx lahf_lm cmp_legacy svm extapic cr8_legacy abm sse4a misalignsse 3dnowprefetch osvw ibs xop skinit wdt lwp fma4 nodeid_msr topoext perfctr_core arat cpb npt lbrv svm_lock nrip_save tsc_scale vmcb_clean flushbyasid decodeassists pausefilter pfthreshold
bogomips        : 5000.60
TLB size        : 1536 4K pages
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 48 bits physical, 48 bits virtual
power management: ts ttp tm 100mhzsteps hwpstate [9]

processor       : 1
vendor_id       : AuthenticAMD
cpu family      : 21
model           : 1
model name      : AMD Opteron(tm) Processor 3250 HE
stepping        : 2
cpu MHz         : 1200.000
cache size      : 2048 KB
physical id     : 0
siblings        : 4
core id         : 1
cpu cores       : 2
apicid          : 17
initial apicid  : 1
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 13
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx mmxext fxsr_opt pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl nonstop_tsc extd_apicid aperfmperf pni pclmulqdq monitor ssse3 cx16 sse4_1 sse4_2 popcnt aes xsave avx lahf_lm cmp_legacy svm extapic cr8_legacy abm sse4a misalignsse 3dnowprefetch osvw ibs xop skinit wdt lwp fma4 nodeid_msr topoext perfctr_core arat cpb npt lbrv svm_lock nrip_save tsc_scale vmcb_clean flushbyasid decodeassists pausefilter pfthreshold
bogomips        : 4999.21
TLB size        : 1536 4K pages
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 48 bits physical, 48 bits virtual
power management: ts ttp tm 100mhzsteps hwpstate [9]

processor       : 2
vendor_id       : AuthenticAMD
cpu family      : 21
model           : 1
model name      : AMD Opteron(tm) Processor 3250 HE
stepping        : 2
cpu MHz         : 1200.000
cache size      : 2048 KB
physical id     : 0
siblings        : 4
core id         : 2
cpu cores       : 2
apicid          : 18
initial apicid  : 2
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 13
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx mmxext fxsr_opt pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl nonstop_tsc extd_apicid aperfmperf pni pclmulqdq monitor ssse3 cx16 sse4_1 sse4_2 popcnt aes xsave avx lahf_lm cmp_legacy svm extapic cr8_legacy abm sse4a misalignsse 3dnowprefetch osvw ibs xop skinit wdt lwp fma4 nodeid_msr topoext perfctr_core arat cpb npt lbrv svm_lock nrip_save tsc_scale vmcb_clean flushbyasid decodeassists pausefilter pfthreshold
bogomips        : 4999.24
TLB size        : 1536 4K pages
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 48 bits physical, 48 bits virtual
power management: ts ttp tm 100mhzsteps hwpstate [9]

processor       : 3
vendor_id       : AuthenticAMD
cpu family      : 21
model           : 1
model name      : AMD Opteron(tm) Processor 3250 HE
stepping        : 2
cpu MHz         : 1200.000
cache size      : 2048 KB
physical id     : 0
siblings        : 4
core id         : 3
cpu cores       : 2
apicid          : 19
initial apicid  : 3
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 13
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx mmxext fxsr_opt pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc rep_good nopl nonstop_tsc extd_apicid aperfmperf pni pclmulqdq monitor ssse3 cx16 sse4_1 sse4_2 popcnt aes xsave avx lahf_lm cmp_legacy svm extapic cr8_legacy abm sse4a misalignsse 3dnowprefetch osvw ibs xop skinit wdt lwp fma4 nodeid_msr topoext perfctr_core arat cpb npt lbrv svm_lock nrip_save tsc_scale vmcb_clean flushbyasid decodeassists pausefilter pfthreshold
bogomips        : 4999.23
TLB size        : 1536 4K pages
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 48 bits physical, 48 bits virtual
power management: ts ttp tm 100mhzsteps hwpstate [9]

Apache 2.2.23 Upgrade (rpm)

2.2.23がリリースされました。
そんでApacheを2.2.22からアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Apache 2.2.23

いつも通りソースパッケージを落としてくる。

$ apt-get source apache2
$ rpm -ivh apache2-2.2.23-1vl6.src.rpm

で、workerで動かすのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi apache2-vl.spec

...
pushd mpm-worker

そしてビルド。

$ rpmbuild -bb --clean apache2-vl.spec

そんでアップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo service apache2 stop

Apache2 HTTP Serverを停止中:				[  OK  ]

$ sudo rpm -Uvh apache2-2.2.23-1vl6.x86_64.rpm apache2-devel-2.2.23-1vl6.x86_64.rpm...

続く 🙂

PHP 5.3.17 Upgrade (rpm)

PHP 5.3.17が出てました。
それでPHPを5.3.17にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Apache 2.2.22
  • PHP 5.3.17

まずはソースを落とす。

$ sudo apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.3.17-1vl6.src.rpm

で、バージョンを合わせ、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.3.17-1vl6.x86_64.rpm ...

続く 🙂

PHP 5.3.16 Upgrade (rpm)

PHP 5.3.16がSeedでリリースされました。
それでテストがてらPHPを5.3.16にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Apache 2.2.22
  • PHP 5.3.16

まずはソースをSeedから落とす。

$ wget http://updates.vinelinux.org/VineSeed/pool/php5-5.3.16-1vl7.src.rpm
$ rpm -ivh php5-5.3.16-1vl7.src.rpm

で、バージョンを合わせ、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.3.16-1vl7.x86_64.rpm ...

続く 🙂