Apache 2.2.26 Upgrade (rpm)

2.2.26がリリースされました。
そんでApacheを2.2.25からアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.2
  • Apache 2.2.26

いつも通りソースパッケージを落としてくる。

$ apt-get source apache2
$ rpm -ivh apache2-2.2.26-1vl6.src.rpm

で、workerで動かすのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi apache2-vl.spec

...
pushd mpm-worker

そしてビルド。

$ rpmbuild -bb --clean apache2-vl.spec

そんでアップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo service apache2 stop

Apache2 HTTP Serverを停止中:				[  OK  ]

$ sudo rpm -Uvh apache2-2.2.26-1vl6.x86_64.rpm apache2-devel-2.2.26-1vl6.x86_64.rpm...

続く 🙂

Postfix 2.10.3 Upgarde (source)

Postfix 2.10.3をインストールした時のメモ。

  • Vine Linux 6.2
  • Postfix 2.10.3
  • MySQL 5.1.72
  • Cyrus-SASL 2.1.23

まずはPostfix 2.10.1をインストールした時のメモ。のファイルを使う。
そして2.10.3パッチを落としてきて当てる。

$ cd postfix-2.10-0
$ wget http://mirror.postfix.jp/postfix-release/official/postfix-2.10-patch03.gz
$ zcat postfix-2.10-patch03.gz | patch -p0

それからおまじない。

$ make tidy

そんでもってユーザー管理やエイリアスとかをMySQLにさせるので、makefilesに書き込む。

$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

でmake後、インストール。

$ sudo make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂

PHP 5.5.8 Upgrade (rpm)

PHP5.5.8が出ました。
それでPHPを5.5.8にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.2
  • Apache 2.2.25
  • PHP 5.5.8

まずはソースを落とす。

$ sudo apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.5.8-1vl6.src.rpm

で、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.5.8-1vl6.x86_64.rpm ...

続く 🙂