Postfix 2.10.1 Upgrade (source)

Postfix 2.10.1をインストールした時のメモ。

  • Vine Linux 6.1
  • Postfix 2.10.1
  • MySQL 5.1.68
  • Cyrus-SASL 2.1.23

まずはPostfixのサイトからtar玉を落としてくる。

$ tar zxvf postfix-2.10.0.tar.gz

で、virtualdomainにするのと同時にVDAにも対応させるので、パッチを落としてくる。

$ wget http://vda.sourceforge.net/VDA/postfix-vda-v13-2.10.0.patch

パッチを当てる。

$ patch -p0 < postfix-vda-v13-2.10.0.patch

バージョンは2.10.1なので、パッチを落としてきて当てる。

$ cd postfix-2.10-0
$ wget http://mirror.postfix.jp/postfix-release/official/postfix-2.10-patch01.gz
$ zcat postfix-2.10-patch01.gz | patch -p0

それからおまじない。

$ make tidy

そんでもってユーザー管理やエイリアスとかをMySQLにさせるので、makefilesに書き込む。

$ make makefiles \
CCARGS="-DUSE_TLS -I/usr/include/openssl \
-DUSE_SASL_AUTH -DUSE_CYRUS_SASL -I/usr/include/sasl \
-DHAS_MYSQL -I/usr/include/mysql" \
AUXLIBS="-L/usr/lib64 -lssl -lcrypto \
-L/usr/lib64/sasl2 -lsasl2 \
-L/usr/lib64/mysql -lmysqlclient -lz -lm"

でmake後、インストール。

$ sudo make
$ sudo service postfix stop

Postfixを停止中:				[  OK  ]

$ sudo make upgrade

続く 🙂