Apcupsd 3.14.10 Upgrade (source)


停電対策としてApcupsd 3.14.9をインストールしていますが、あららという間に3.14.10が出たようなのでテストがてら早速インストールした時のメモ。

まずはApcupsdのサイトからtar玉を落としてくる。

$ cd /usr/local/src
$ tar zxvf apcupsd-3.14.10.tar.gz

で、うちのはAPC Smart-UPS用USBケーブルでUPSに接続していて、状態をブラウザで確認したいのでCGIも通す。

$ cd apcupsd-3.14.10
$ ./configure \
--enable-usb --with-upstype=usb --with-upscable=usb \
--enable-cgi --with-cgi-bin=/var/www/cgi-bin/apcupsd \
--with-log-dir=/var/log

makeしてinstall。

$ su
# make install


インストール後、再起動してモニタリングしてみる。

# service apcupsd restart

Shutdown UPS monitoring:				[  OK  ]
Starting UPS monitoring:				[  OK  ]

ログを確認。

# cat /var/log/messages | grep UPS

Sep 24 12:04:17 localhost apcupsd[2252]: apcupsd exiting, signal 15
Sep 24 12:04:17 localhost apcupsd[2252]: apcupsd shutdown succeeded
Sep 24 12:04:35 localhost apcupsd[23315]: apcupsd 3.14.10 (13 September 2011) Vine 5.2 startup succeeded
Sep 24 12:04:35 localhost apcupsd[23315]: NIS server startup succeeded

設定ファイルに変わりはないようなので、実際に電源異常の状態を作ってテストをする。