Intel e1000e Driver 1.1.2.1a Update (source)


Intel Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CTのドライバをアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 5.0
  • e1000e 1.1.2.1a

ちょっと見ないうちにドライバのバージョンが上がってますね。
と言う事でテストがてらアップデートする事に。基本、問題がないならそのままでよし。なんてったって安定が一番です。
まずは一応NICを確認。

# lspci | grep Ether

02:00.0 Ethernet controller: Intel Corporation 82574L Gigabit Network Connection

念のためにインターフェイスも調べておく。

# ifconfig -a

eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr  **:**:**:**:**:**
          inet addr:192.168.1.100  Bcast:192.168.1.255  Mask:255.255.255.0

そんでインテルのサイトからドライバーを落としてくる。

$ tar zxvf e1000e-1.1.2.1a.tar.gz
$ cd e1000e-1.1.2.1a/src

んでメイクしてアップグレード。

$ su
# make install


後はREADME.txtの通りに古いドライバを入れ替える。
ipv6は使わないのでmodprobe.confに追記。

# vi /etc/modprobe.d/modprobe.conf

install ipv6 /bin/true

ここでは仮に

  • サーバipは192.168.1.100
  • インターフェイスはeth0

として

# rmmod e1000e; modprobe e1000e
# ifconfig eth0 192.168.1.100 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255

ネットワークを再起動する。

# service network restart

インターフェース eth0を停止中:					[  OK  ]
ループバックインターフェースを停止中:				[  OK  ]
ループバックインターフェースを活性化中:				[  OK  ]
インターフェース eth0を活性化中:					[  OK  ]

ロードされてるか確認。

# lsmod

Module                  Size  Used by
e1000e                144044  0
# cat /var/log/messages

Apr  4 23:54:40 localhost kernel: e1000e: Intel(R) PRO/1000 Network Driver - 1.1.2.1a-NAPI
Apr  4 23:54:40 localhost kernel: e1000e: Copyright(c) 1999 - 2010 Intel Corporation.
Apr  4 23:54:40 localhost kernel: e1000e: eth0 NIC Link is Up 1000 Mbps Full Duplex, Flow Control: RX/TX