ルーターのログをサーバで受ける

サーバー側の設定(rsyslog)

ルーターからのログをUDP:514ポートで待ち受けるために、Syslogのコンフィグファイルのコメントアウトを外す

$ sudo vim /etc/rsyslog.conf

$ModLoad imudp
$UDPServerRun 514

そしてルールを書き込む
※ここではルーターから送られてくるログを全て受ける設定

local5.*                /var/log/log-name

後はファイアウォールでUDPの514ポートをルーターIPから受けれるように穴を開ける。

PHP 5.5.17 Upgrade (rpm)

PHP5.5.17が出ました。
それでPHPを5.5.17にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.2
  • Apache 2.2.27
  • PHP 5.5.17

まずはソースを落とす。

$ sudo apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.5.17-1vl6.src.rpm

で、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.5.17-1vl6.x86_64.rpm ...

続く 🙂

Postfix SPF (rpm)

前にPostfixにSPFを実装した際はCPANでモジュールをずらずらと入れられるのが嫌だったので、RPMで入れてしまえ。と思い立ったメモ。

  • Postfix 2.10.3

まずはモジュールをインストール。

$ sudo apt-get install perl-YAML perl-Mail-SPF

そしてスクリプトを落としてきて、Postfixのライブラリディレクトリに入れる。

$ wget http://cri.univ-tlse1.fr/documentations/spam/outils/spf.pl
$ sudo mv spf.pl /usr/lib64/postfix/smtpd-policy.pl
$ sudo chmod 755 /usr/lib64/postfix/smtpd-policy.pl

スクリプトの所有者を変えておかないと、後でPostfixに怒られる。

sudo chown root:root /usr/lib64/postfix/smtpd-policy.pl

PHP 5.5.16 Upgrade (rpm)

PHP5.5.16が出ました。
それでPHPを5.5.16にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.2
  • Apache 2.2.27
  • PHP 5.5.16

まずはソースを落とす。

$ sudo apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.5.16-1vl6.src.rpm

で、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.5.16-1vl6.x86_64.rpm ...

続く 🙂

PHP 5.5.14 Upgrade (rpm)

PHP5.5.14が出ました。
それでPHPを5.5.14にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.2
  • Apache 2.2.27
  • PHP 5.5.14

まずはソースを落とす。

$ sudo apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.5.14-1vl6.src.rpm

で、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.5.14-1vl6.x86_64.rpm ...

続く 🙂

Apache 2.2.27 Upgrade (rpm)

2.2.27がリリースされました。
そんでApacheを2.2.26からアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.2
  • Apache 2.2.27

いつも通りソースパッケージを落としてくる。

$ apt-get source apache2
$ rpm -ivh apache2-2.2.27-1vl6.src.rpm

で、workerで動かすのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi apache2-vl.spec

...
pushd mpm-worker

そしてビルド。

$ rpmbuild -bb --clean apache2-vl.spec

そんでアップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo service apache2 stop

Apache2 HTTP Serverを停止中:				[  OK  ]

$ sudo rpm -Uvh apache2-2.2.27-1vl6.x86_64.rpm apache2-devel-2.2.27-1vl6.x86_64.rpm...

続く 🙂

PHP 5.5.13 Upgrade (rpm)

PHP5.5.13が出ました。
それでPHPを5.5.13にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.2
  • Apache 2.2.26
  • PHP 5.5.13

まずはソースを落とす。

$ sudo apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.5.13-1vl6.src.rpm

で、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.5.13-1vl6.x86_64.rpm ...

続く 🙂

PHP 5.5.12 Upgrade (rpm)

PHP5.5.12が出ました。
それでPHPを5.5.12にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.2
  • Apache 2.2.26
  • PHP 5.5.12

まずはソースを落とす。

$ sudo apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.5.12-1vl6.src.rpm

で、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.5.12-1vl6.x86_64.rpm ...

続く 🙂

PHP 5.5.11 Upgrade (rpm)

PHP5.5.11が出ました。
それでPHPを5.5.11にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.2
  • Apache 2.2.26
  • PHP 5.5.11

まずはソースを落とす。

$ sudo apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.5.11-1vl6.src.rpm

で、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.5.11-1vl6.x86_64.rpm ...

続く 🙂

PHP 5.5.10 Upgrade (rpm)

PHP5.5.10が出ました。
それでPHPを5.5.10にアップグレードした時のメモ。

  • Vine Linux 6.2
  • Apache 2.2.26
  • PHP 5.5.10

まずはソースを落とす。

$ sudo apt-get source php5
$ rpm -ivh php5-5.5.10-1vl6.src.rpm

で、それからApacheをworkerで動かしてるのでspecファイルをいじる。

$ cd ~/rpm/SPECS
$ vi php5-vl.spec

./configureに追加
...
--enable-maintainer-zts \
--with-tsrm-pthreads \

で、ビルドする。

$ rpmbuild -bb --clean php5-vl.spec

そしてコーヒーを飲みながら、アップグレードする。

$ cd ../RPMS/x86_64
$ sudo rpm -Uvh php5-5.5.10-1vl6.x86_64.rpm ...

続く 🙂